金融取引自動化システム開発のCFSなど3社が破産、負債33億8000万円

【新品】【本】Hinako 佐野ひなこファースト写真集 唐木貴央/撮影
【新品】【本】Hinako 佐野ひなこファースト写真集 唐木貴央/撮影

<デジタル週プレ写真集> 佐野ひなこ「LOVE DENIM」【電子書籍】[ 佐野ひなこ ]
<デジタル週プレ写真集> 佐野ひなこ「LOVE DENIM」【電子書籍】[ 佐野ひなこ ]

【中古】 バナナ塾 VOL.4 /バナナマン,大島麻衣,野呂佳代,やしろ優,岡井千聖,佐野ひなこ,バイき…
【中古】 バナナ塾 VOL.4 /バナナマン,大島麻衣,野呂佳代,やしろ優,岡井千聖,佐野ひなこ,バイき...

【SALE/45%OFF】Honey Salon by FOPPISH 【「ミュージックドラゴン」佐野ひなこさん着用】リボン…
【SALE/45%OFF】Honey Salon by FOPPISH 【「ミュージックドラゴン」佐野ひなこさん着用】リボン...

カレンダー 2016 壁掛け 【佐野ひなこ】
カレンダー 2016 壁掛け 【佐野ひなこ】

 (株)CFS(TDB企業コード:805004283、東京都千代田区岩本町1-3-2、代表津島博昭氏)と関係会社の合同会社シンフォニアインベストメンツ(同所、同代表)、(株)ITS(同所、同代表)は、4月13日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は小川義龍弁護士(新宿区四谷1-18、小川綜合法律事務所、電話03-5368-6391)。債権届け出期間は5月18日までで、財産状況報告集会期日は7月26日午後1時30分。

 (株)CFSは、2011年(平成23年)8月の設立。代表の証券業界での長年の経験を生かして、金融に特化した金融取引自動化のためのソフトウェアの企画・開発、および保守・管理を行っていた。FX(外国為替証拠金取引)や日経225ベース裁定取引などの自動売買ソフトを主力商品とし、個人顧客を中心に法人との直接取引、また販社を通じての販売を行っていた。

 しかし、自動売買システムの草分けとして業界内での知名度は高かったものの、関係会社とともにグループで行っていたアービトラージと呼ばれる裁定取引の自主運用に失敗。巨額の損失を余儀なくされることとなった。このため、2016年3月9日に営業活動を停止し、今回の措置となった。

 負債は(株)CFSが債権者約24名に対し約13億4400万円、合同会社シンフォニアインベストメンツが債権者約28名に対し約3億7800万円、(株)ITSが債権者約43名に対し約16億5800万円で、3社合計で約33億8000万円。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。